Column of School Farm KAWABE

就労継続支援とLEDきらめき菜園 スクールファーム河辺
お気軽にお問い合わせください 018-882-5128 営業時間:8時~17時(土日除く)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


School Farm KAWABE since 2010-04-10

安心と笑顔が一杯!

”スクールファーム河辺”の誕生

 清涼な岩見川が流れ、豊かな自然に恵まれた秋田市郊外の河辺地区。

その岩見川の流域にあって、素朴な田園風景が広がる「赤平」という集落に、スクールファーム河辺はあります。

photo_001.png

平成24年11月に「指定障害福祉サービス事業所」として指定を受け、廃校になっていた旧秋田市立赤平小学校の校舎を事業所として誕生しました。この、赤平小学校は創立が明治8年。その歴史は130余年におよびます。時代は移り変わり、児童数の減少にともなって河辺小学校に統合され、2010年、学び舎としての歴史に幕を下ろしたのでした。

R1010919.jpg

平成23年秋田市教育委員会は、初の試みとして市内5校の廃校舎を有効利用しようと事業者を公募しました。赤平小学校の現在の建物は、1985年に完成した4代目の校舎。鉄筋コンクリート2階建てで、すっきりとしたデザインの外観です。スクールファーム河辺は、5校のうちの赤平小学校に真っ先に応募し、1階部分(1,134平方メートル)の使用許可を得ました。赤平小学校に白羽の矢を立てた理由は、建物が広々として立地や周囲の環境もよく、利用者の方々にとって使いやすいと想像できたから。教室や職員室、多目的ホールなどがあったところを、職員たち自ら板を貼ったりペンキを塗ったりして、作業室や食堂、更衣室などに改修、想像どおり伸び伸びと活動できる空間へと生まれ変わりました。

学び舎の歴史、再始動

赤平小学校に、「はつらつ進む若鮎の」という校歌の一節が刻まれた石碑があります。閉校を記念して造られました。130余年分の歴史と愛着が、地域の方々の思いが、この石碑の中に込められています。

photo_004.png

ひとつの大きな役割を果たし終えた校舎に、今度はスクールファーム河辺が新しい息吹を吹き込む番です。障がいのある方々に一人でも多く、働く喜びと自立への機会を提供すること。「LEDきらめき菜園」という農業の新しいスタイルを発信して、雇用を創出し事業性を高めること。
地元の高齢者の方々との交流を深め、あたたかで活気のある地域社会に寄与すること。これが、スクールファーム河辺の夢であり、目標です。
障がいのある方々と、地域に暮らす方々といっしょに、学び、楽しみ、夢を育んでいきたいと思っています。たくさんの人の夢がぐんぐん育つ“学び舎”として…。

WS060.JPG

安全・安心な野菜づくり

(平成25年3月~稼働開始)
校舎内に設備された「LEDきらめき菜園」は四方を抗菌パネルで組み上げたクリーンルーム仕様。外部からの虫等の侵入を防ぎ、温度・湿度の監視や栽培プラントの水質管理を行い、無農薬で高品質な野菜づくりを実現します。
また、赤(R)・緑(G)・青(B)独立制御式LED光源の採用により、野菜にもっとも必要とされる波長に調整、日照不足などの心配もなく、野菜がのびのびと元気に成長することが出来ます。

働く障がい者にとっても安全・安心

(就労継続支援A型・B型)
もともと鉄筋コンクリート2階建ての学校であった校舎棟に、新たに誘導灯や非常照明、非常放送など災害や非常時に対応するため設備を改修いたしました。
また、30人収容可能な研修室や、独立した個室となっている相談室など、安全・安心な野菜作りと同様、働く社員にとっても安全・安心な環境づくりを目指しています。


IMG_1527.JPG

・社員食堂  55㎡
 (給湯・電子レンジ・冷蔵庫他)
・研修室  100㎡
 (80インチスクリーン・プロジェクター等)
・相談室   12㎡(独立個室)

WS063.JPG

植物工場用LED栽培ユニット AGRI Oh!

多段式の水気耕栽培装置にLED光源を組み込んだ植物工場用栽培ユニット。
レタス類で月産最大1200株程度の生産能力があります。
・省スペース・省電力・省資源の未来型都市農園を実現
・栄養価の高い無農薬野菜の通年生産が可能
・消費者ニーズに合わせた計画生産が可能
・協和(株)のハイポニカ®栽培方式を採用し、植物にとっての好環境を再現

販売総代理店:株式会社アグリ王
プラント設計:株式会社キーストーンテクノロジー